「左胸の勇気」の歌詞 乃木坂46

2012/2/22 リリース
作詞
秋元康
作曲
小内喜文
文字サイズ
よみがな
hidden
きみてのひら
むねうえ
さあそっとてて
みゃくつその鼓動こどう
しっかりくんだ
どんなかなしみに
出会であっても
きてればなんとかなる
けそうになったら
勇気ゆうきひだりむねに…

夕陽ゆうひしず
そのスピードに
なぜか 自分じぶんだけ
のこされたになって
地面じめんびる
木立こだちかげ
一人ひとり しゃがみんで
おびえてても

そんなに
よわくない
よわくない
ホントのきみ
っている
っている
きみならできる
もう一度いちど
がってみようよ

きみてのひら
むねうえ
さあそっとてて
みゃくつその鼓動こどう
しっかりかんじろよ
どんな暗闇くらやみ
まよっても
きてれば出口でぐちはある
絶望ぜつぼうするまえ
勇気ゆうきひだりむねに…

失敗しっぱいなんかは
かぞえなくていい
がる回数かいすう
あきらめるな

いつでも
前向まえむきに
前向まえむきに
やってるうちに
ついてくる
ついてくる
さなければ…
がむしゃらが
みちひらくんだ

ひとだれもみな
心臓しんぞう
中心ちゅうしんにあるんだよ
情熱じょうねつはいつだって
ここからまれる
ここにけば
わかるだろう
筋肉きんにくさけんでいる
もうあとけない
勇気ゆうきひだりむねに…

きみてのひら
むねうえ
さあそっとてて
みゃくつその鼓動こどう
しっかりくんだ
どんなかなしみに
出会であっても
きてればなんとかなる
けそうになったら
勇気ゆうきひだりむねに…