1. 白い雲にのって歌詞

「白い雲にのって」の歌詞 乃木坂46

2012/2/22 リリース
作詞
秋元康
作曲
太田美知彦
文字サイズ
よみがな
hidden
ほんのささいなやさしさは
まるで縁側えんがわだまり
なんだかぽかぽかして
だれかれもしあわせだ

みんなでただそべって
おなそらながめたら
いろいろはなうよりも
わかりえるがする

しろくもにのってきたい
ほら かがやいてるあの未来みらい
さあ かぜはそよぎはなかお小鳥ことりがさえずる世界せかい
想像そうぞうしようよ
しろくもにのってきたい
まだ たことないあのもりまで
そう ひとねこいぬわらなみだえた時間じかん
たびかけようよ

きっとおろかないさかいも
ねむくなったらしないだろう
こころをぽかぽかにすれば
おこったひともあくびひとつ

いいひととかわるひと
そんなにはないんだよ
ゴロンとここによこになって
瞼閉まぶたとじるとわかる

世界中せかいじゅうゆめようよ
ほら なにかしてるやすめて
さあ めぐってあいって どもがまれる奇跡きせき
想像そうぞうしようよ
世界中せかいじゅうゆめようよ
うん きっと どこかにあるんだろう
そう いてるひとだれもいない みんながわらってるくに
きっと つけようよ

そんなむずかしいことなんか
かんがえるだけ無駄むだだよ
一番楽いちばんらくなその方法ほうほう
のんびりと
今日きょうきようよ

しろくもにのってきたい
ほら かがやいてるあの未来みらい
さあ かぜはそよぎはなかお小鳥ことりがさえずる世界せかい
想像そうぞうしようよ
しろくもにのってきたい
まだ たことないあのもりまで
そう ひとねこいぬわらなみだえた時間じかん
たびかけようよ