「八番目の虹の色」の歌詞 久保田利伸

1989/10/8 リリース
作詞
川村真澄
作曲
久保田利伸
文字サイズ
よみがな
hidden
すなうえにずっと しゃがみこんでた
くもちいさく ちぎれてゆく
かぜながされ すーっとえてしまうよ
まるで ぼく足跡あしあとのよう

あめれた 公園こうえんのベンチは
もう何ヶ月なんかげつれたままで
言葉ことばもなく そっとれた指先ゆびさき
こたえないぼく見上みあげるきみだけ
どうして そんなに
かぎりない笑顔えがお せるのだろう

I break my lonely days
すべてきみのせい 青空あおぞらかぜ
気付きづいたのさ あさ理由わけ二人ふたり理由わけ

はち番目ばんめにじいろ ひとみうつして

よるまちにそっと しながら
いてばかりいたけれど
くしたもの きっときみがくれると
雨上あめあがりのそら ひらせた
I love you いつかは
なみだかわとき

I break my lonely days
すべてきみのせい 青空あおぞらかぜ
つけたのさ こころきしめてしい

はち番目ばんめにじいろ きみにもえるさ