「ねがい」の歌詞 久保田早紀

1997/11/21 リリース
作詞
山川啓介
作曲
久保田早紀
文字サイズ
よみがな
hidden
まれわれるなら 一羽いちわとりになり
あなたのそらを ひそやかにうの
たびつかれたあさ 孤独こどくなやよる
づいて見上みあげて くれるように

摩天楼まてんろうもりかげ
わすれられた わたしひとり
あなたのには えませんか
ガラスしの このなみだ

ひとまれ ひとあい
ってしまった きるいた
なにおそれず あるがままに
いきづく いのちがほしい

少女しょうじょころは いつもそらうつ
季節きせつはなちかねていたわ
少年しょうねんのあなたと もっとまえ出会であ
かぜ草原そうげん かけたかった

ひとかわの その岸辺きしべ
わすれられた わたしひとり
回転かいてんドアが まわるたびに
くした日々ひびが きらめく

あすをねがしんじるから
とりびたち あいえる
ただのびやかに きてんで
いない いのちがほしい