「みせかけだけの優しさ」の歌詞 久保田早紀

1991/6/15 リリース
作詞
久保田早紀,山川啓介
作曲
久保田早紀
文字サイズ
よみがな
hidden
かざられた言葉ことばわなうそかお
間違まちがとどけられた花束はなたばかおりよ
かけしたわたし都会まちゆびさしてわら
そらだまって なみだをこぼした
からみつくかみが ほどけるように
すこしずつ あやまちがえてたの

みせかけは もうたくさんよ
今度こんどこそ だまされないわ
みせかけは もうたくさんよ
びとめたこえさえ つくりもの

わたしあいしたのは かがみなかのあなた
どんなにいかけても れなかったはずね
硝子がらすのむこうで ほんとうはべつひといて
つめたいひとみわたしてたの
着飾きかざったふくあめたれて
たちまちに あおざめいろあせてゆく

みせかけは もうたくさんよ
今度こんどこそ だまされないわ
みせかけは もうたくさんよ
こころのあるひと出会であいたい

みせかけは もうたくさんよ
今度こんどこそ だまされないわ
みせかけは もうたくさんよ
こころのあるひと出会であいたい