1. 星空の少年歌詞

「星空の少年」の歌詞 久保田早紀

1990/9/15 リリース
作詞
山川啓介
作曲
久保田早紀
文字サイズ
よみがな
hidden
ああ めずらしく都会とかい
星空ほしぞらかれた
少年しょうねんは うつむいたかお
銀河ぎんがけていた

ぼくがまれる ずっとまえ
そこにんでたがする
さびしいこの都会とかいはなれて
そらかえっていいかい?
オリオンがをひろげ
少年しょうねん星空ほしぞらへ からだをした
だれひとりづかない よる出来事できごと

おどりつかれたひとれが
家路いえじたどる 夜明よあまえ
つめたい舗道ほどうちていた
ねむるみたいな なきがら
るような星空ほしぞら
あたらしいほしひとつ まれてえている
だれひとりづかない よる出来事できごと