「最終便」の歌詞 久保田早紀

2002/11/20 リリース
作詞
久保田早紀
作曲
久保田早紀
文字サイズ
よみがな
hidden
空港くうこうのロビーから
なが電話でんわをすることもない
こうしてひとりのいま
サテライトにほしくずにさそわれ
きたそらかう

戸惑とまどいもむなしさも荷造にづくりをして
トランクにつめんだおもかぞえる
おとこでもおんなでも旅立たびだあさ
きっとこんな気持きもちにふるえるはず

空港くうこうのロビーでは
はなをかかえて見送みおくひと
わたし背中せなか
こごえたよるあかり一粒ひとつぶ真珠しんじゅ
やがてわるわ 最終便さいしゅうびん

すこしだけやさしさがちがってたこと
かなしいほどわかっていたあいなのに
出来できるならわがままにわたしいて
めてほしかった うなずくまえ

空港くうこうのロビーから
なが電話でんわをすることもない
こうしてひとりのいま
あなたよりはや夜明よあけをむかえるわ
やみ最終便さいしゅうびん