「異邦人」の歌詞 久保田早紀

1979/9/21 リリース
作詞
久保田早紀
作曲
久保田早紀
文字サイズ
よみがな
hidden
子供こどもたちがそらかい
両手りょうてをひろげ
とりくもゆめまでも
つかもうとしている
その姿すがたは きのうまでの
なにらないわたし
あなたに このゆび
とどくとしんじていた
そら大地だいち
ふれ彼方かなた
過去かこからの旅人たびびと
んでるみち
あなたにとってわたし
ただのとおりすがり
ちょっとふりいて
みただけの異邦人いほうじん

市場いちばひとなみ
身体からだあず
いしだたみの街角まちかど
ゆらゆらとさまよう
いのりのこえ ひずめのおと
うたうような ざわめき
わたしきざりに
ぎてゆくしろあさ
時間旅行じかんりょこう
こころきず
なぜかしらめてゆく
不思議ふしぎみち
サヨナラだけの手紙てがみ
まよつづけて
あとはかなしみを
もてあま異邦人いほうじん
あとはかなしみを
もてあま異邦人いほうじん