「さよなら」の歌詞 久宝留理子

1994/10/21 リリース
作詞
久宝留理子
作曲
伊秩弘将
文字サイズ
よみがな
hidden
さよならだけが
あなたのこたえなら
どうして二人ふたり
出逢であってしまったんだろう
おも距離きょり
ちかすぎてうごけない
わたしさき おしえてよ

おもいつく言葉ことば今日きょう
れた名前なまえばかり
ひとりきり
くるまるシーツに
あなたのにおいをさが
すべてをれることが
やさしさとしんじていた
もう一度いちどやりなおせるなら
なにもかもててもいい
さよならだけが
あなたのこたえなら
どうして二人ふたり
出逢であってしまったんだろう
おも距離きょり
ちかすぎてうごけない
わたしさき おしえてよ

どんな
どこへくにも
はなれたりしなかった
ふざけひとみなか
朝焼あさやけがうつっていた
こころゆびがたどる
二人ふたりおも おおすぎる
どこかの見知みしらぬ同志どうし
なれるるだろうって
さよならなんて
目指めざしたわけじゃない
こんなことなら
未来みらいかたらなかった
はなれず二人ふたり
いるとちかったのに
ねむれないまま あさがくる

すべてをれることが
やさしさとしんじていた
もう一度いちどやりなおせるなら
なにもかもててもいい
さみしくなんて
ないとってみても
おもすのは
あなたのうし姿すがた
いつもそばに
いるとちかったのに
あなたがいないあさがくる