「一途」の歌詞 久宝留理子

1992/8/21 リリース
作詞
久宝留理子
作曲
川上明彦
文字サイズ
よみがな
hidden
すべてをりながら
らぬふりして
あなたのうでかれてねむ
ほしがにじんでる
一言ひとことえなくて
むね鼓動こどう
かくしきれない
いたくてやさしい
よるぎていく
窓辺まどべかんでる
月影つきかげれている
あなただけを あいしてる
こえにならないおも
つきほしあかりが
くもかくれた瞬間とき
だれよりつよきしめて

こわれるくらいなら
このままでいい
あなたの笑顔えがお 素直すなおすぎて
だからえない
ひとみわす呼吸いき
上手うまわない
そらす視線しせん
いたくてまぶしい
時間ときかえ
雨上あめあがりのみち
陽炎かげろうれている
あなただけを あいしてる
とどかないこのおも
けるかぜ
心震こころふるわせたとき
まよわずつよきしめて

あなただけを あいしてる
こえにならないおも
つきほしあかりが
くもかくれた瞬間とき
だれよりつよきしめて