「北へ」の歌詞 久宝留理子

1995/10/30 リリース
作詞
久宝留理子
作曲
松尾清憲
文字サイズ
よみがな
hidden
かわいたふゆあこがれて きたへとむか
あなたを見送みおくってる
一度いちどかえらないで 姿すがた
ちいさくえてく

ちかすぎるから えなくなる
そら二人ふたり見守みまも
ゆめかた横顔見よこがおみたら
なにえずに旅立たびだちのあさ

今日きょう二人ふたり はじまりならば
なみだはいらない

かわいたふゆあこがれて きたへとむか
あなたのうし姿すがた
やさしくつよくなるから」と言葉ことばのこ
ってった

わすれていた あなたなしの
時間じかん使つかかた
あいどころじゃないふりして
にじんだよるあましてる

元気げんきです」と背伸せのびしている
あなたへの手紙てがみ

どんなにさびしいときでも たよれないのね
おもかきあつめる

季節きせつめてゆく景色けしき あなたはなに
たよりにねむるの

あなたは夢沿ゆめぞいにはしみちえらんで
さむさのなかきる
きたへとつづそらした またたほし
微笑ほほえみかける