「夏はマジック」の歌詞 久宝留理子

1996/7/22 リリース
作詞
久宝留理子
作曲
伊秩弘将
文字サイズ
よみがな
hidden
なつはマジックタイム
ラララ マジックラヴ
友達ともだち恋人こいびとわる
なつはマジックタイム
ハレルヤ
かぜってんで
ひまつぶしに 仲間なかまのもとへ
してみる
ちかづくなつ
まちかれているわ
見慣みなれたはず
あなたの笑顔えがお
何故なぜ今夜こんや
ふとした瞬間しゅんかん
こころふるえる
かえ途中とちゅう
ちいさなはな 偶然見ぐうぜんみつけた
大切たいせつひと そばにいるかも
なつはマジックタイム
ラララ マジックラヴ
友達ともだち恋人こいびとわる
なつはマジックタイム
ハレルヤ
かぜってんで
あいしてると
つたえないままで
おもになる
そんな毎日まいにち
かえしだった
約束やくそくもない
ひともいない
ひとりぼっちに
れてしまいそうに
なっていたけど
ならかげ
なつ陽炎かげろうれている
二人ふたり太陽たいようはまぶしい

なつはマジックタイム
ラララ マジックラヴ
モノクロのこころいろづく
なつはマジックタイム
ハレルヤ
とおあめがすぎていく
(なつは) マジックタイム
ラララ マジックラヴ
友達ともだち恋人こいびとわる
なつはマジックタイム
ハレルヤ
かぜってんで