1. 夜明け歌詞

「夜明け」の歌詞 久宝留理子

1993/10/21 リリース
作詞
久宝留理子
作曲
伊秩弘将
文字サイズ
よみがな
hidden
なみだかずかぞえながらむかえたあさ
おもだけえてきて 時間じかんまっている

たのしかったとうほどの おもじゃない
無理むりをしていつわるより いてしまいたい

こんなにまええなくて
どうしたらいいのかも 行方ゆくえつからない

出逢であいとわかれ くりかえしても
なにしんじていいか わからず
はるか とおつめる

ほかだれよりしあわせをとねがう このおも
ふりきって 暗闇くらやみりにしよう

わりがないようなよるにさえ
かなら夜明よあけはくる そうしんじてる いつかきっと

わたし歴史れきしきずいていく
たとえかなわなくても とどかないゆめのままに わっても

Ah なみだが あふれ まらなくても
その ひとつ ひとつずつ きてるあかしだから

自分じぶんかたさがしてく
ほんのちいさなひかり たよりに
ながたび途中とちゅう