1. 雨模様歌詞

「雨模様」の歌詞 久宝留理子

1996/12/2 リリース
作詞
久宝留理子
作曲
原一博
文字サイズ
よみがな
hidden
まち今夜こんや雨模様あめもよう
心覗こころのぞかれてるよう
とおりすがりのこいならば
あきらめもつくけど

おもをただつくるだけ
そんなこいはもういらない
そっとやさしくつつまれて
不安ふあんをぬぐいたい

さよならは わないで
いままでの二人ふたり うそにしないで
かないで そばにいて
あなたなしの時間じかんはうめられない

とおりすぎるひとなみにまぎれている
あめすこつよりだしてきた

ってるだけのわたしがいる
たせるだけのあなたがいる
わることないときめきを
ずっと さがしている

こいすることにあこがれて
夢見ゆめみることをわすれて
こころなか雨模様あめもよう
かさたないまま

さよならを いそがないで
いままでの時間じかん 無駄むだにしないで
見守みまもって はなれないで
しょぼくれたかおはもうせないから

まち今日きょうねむることをわすれている
あめおとまれえてゆく

さよならは わないで
いままでの二人ふたり うそにしないで
かないで そばにいて
あなたなしの時間じかんはうめられない

今日きょうのこの明日あしたになれば過去かこになる
あめすこよわくなりだしてきた

さよならを いそがないで
いままでの時間じかん 無駄むだにしないで
見守みまもって はなれないで
しょぼくれたかおはもうせないから

月灯つきありが水溜みずたまりのなか れてる
よるそら太陽たいようかくれてる