「風に乗って」の歌詞 久宝留理子

1994/11/2 リリース
作詞
久宝留理子
作曲
佐々木真里
文字サイズ
よみがな
hidden
どこかに んできたくて
くちずさむとりうた
いまにもきそうなそら
しろつばさかぶ

時間じかんと アスファルトのない
はるか とおいところへ
自由じゆううみえてゆく
昨日きのうまでをわすれて

現実げんじつなかながされるだけの
わたしいま さよならを
てる勇気ゆうきと あこがれのみち
むねいて ひとみじる

そよかぜいてくるよ
わたしはこんでくれる
何度なんどだって まれわる
ちから宿やどしてる

ほら かぜってゆこう
くしたこころ さがしに
そらうえちがそらがあること
たしかめに

だれかに いにきたくて
くちずさむあいうた
自由じゆうそらえたなら
見知みしらぬ 星降ほしふまち

わすれかけていた ときめく気持きもちに
こらえきれず なみだ
右手みぎてゆめ左手ひだりてあい
にぎりしめて ひとみじる

星空ほしぞられているよ
わたしらしてくれる
何度なんどだって まれわる
ちから宿やどしてる

ほら かぜってゆこう
くしたあいさがしに
ほしうえちがほしがあること
たしかめに

うつむいたなら 笑顔えがおさえも かなしくなる
見上みあげたならば がおさえ かがやく

そよかぜいてくるよ
わたしはこんでくれる
何度なんどだって まれわる
ちから宿やどしてる

ほら かぜってゆこう
くしたこころ さがしに
そらうえちがそらがあること
たしかめに