「忘れずにいられたら」の歌詞 久松史奈

1993/2/24 リリース
作詞
久松史奈
作曲
宇佐元恭一
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆがんだまちなかあしめた
きみがいないと さむさむさむよるになる

なにもかもすべて さびうつ
自分じぶんらしさなんていま微塵みじんもなくなった

まえにトラックが きゅうまり
その瞬間しゅんかん ドキリとかたをまるめてた

私一人わたしひとりくらい えてなくなっても
きっとだれづきゃしないなんておもったの

明日あしたからえないだとか
電話でんわもしないだとか
そんなことじゃない
とききみのことを
わすれてしまうことが
なによりもかなしい

都会とかいいろも そうそうわるくないね
ふいにきみさがさがさがさがしていた

れたくつ裸足はだしいたせい
がにじんだ かかとかばあるつづけてた

きなができただとか
もうあいせないだとか
それもそうだけど
とききみのことを
わすれてしまうことが
なによりもかなしい

明日あしたからえないだとか
電話でんわもしないだとか
そんなことじゃない
きなができただとか
もうあいせないだとか
それもそうだけど
とききみのことを
わすれてしまうことが
なによりもかなしい