「大都会」の歌詞 九州男

2009/11/11 リリース
作詞
九州男
作曲
九州男
文字サイズ
よみがな
hidden
すがすがしいはずのあさ何故なぜみょうたくて
窓枠まどわくにはまった見慣みなれた景色けしきながめる
意味いみもなくひびいた目覚めざましをめて
おもいリュックをかつ階段かいだんりる
つくえうえには「頑張がんばりなさい」と一言ひとこと
おれちいさく「ってきます」と一言ひとことつぶやく
決意けついともくつひもをむすとびら
ゆめ希望きぼうのまばゆいなかおれえてったのさ

くるまのクラクション、オーロラビジョンの画像がぞう大勢おおぜいひとゴミの雑音ざつおんなか
大切たいせつってきたともしびえぬようきしめていた
ここはなにもかもからいと きっとおれもここではただのひとだから
あのときちかったともしびえぬようきしめていた
まえにある現実げんじつ連日冷れんじつつめたくおれをあしらってく
でもつづられた鉛筆えんぴつ元気げんきづけてくれたのは実家じっかからの手紙てがみ
こんなはずじゃなかったのに しがみついてた理想りそう背中せなか
薄暗うすぐら部屋へやにたたずむ一人ひとり ここはゆめみた大都会だいとかい片隅かたすみ

たどりいたこの世界せかいかくれたあいはないのかい?
のけものにされてるくらいうつ景色けしき愛想無あいそな
もうかえってももどれない
ほんのすこしのバイト代握だいにぎりしめてなにつめる大都会だいとかい
本当ほんとうおれはここにはいない

PASMOをにし いつもの通勤電車つうきんでんしゃながれてく見慣みなれた景色けしきなか
まどうつった自分じぶんかおなが間眺あいだながめていた
電車でんしゃりて ホームへ ひとごみの中目線なかめせんとしてながれにをまかせあるなか
ずっときしめてたともしびはもうすでにえていた
部屋中へやじゅうには散乱さんらんするかんビールのかん 日々酔ひびよいつぶれてく
ポストのなかふうけられてない沢山たくさん実家じっかからの手紙てがみ
何故なぜここにいるのかなんて もうどうでもよくなってた
あのころおれが「おもせ」とつかみかかってきたつよりほどいた

ちつくしたどれくらい このさきなにかあるのかい?
のぞみもたせないくらいうつ景色けしき愛想無あいそな
もうかえってももどれない
ほしひとつとない夜空よぞら見上みあげてなにおもってた大都会だいとかい
本当ほんとうおれはここにはいない

ばからしい夢抱ゆめいだいたころがまるでゆめみたいさ
あのとびらひらいた瞬間しゅんかん今手いまてばした
あやまちのようなしがない日々ひび だけど人生じんせい正解せいかいしかないみち
だからさよならするよ これがおれえらんだ正解せいかい

前略ぜんりゃく、おひさしぶりです。
おれ元気げんきです。
返事へんじしなくてごめん。
あれから5年ごねんくらいたったよね。
おれ軌道きどうはじめて順調じゅんちょうです。
だからなに心配しんぱいしないで。
健康けんこうにはをつけて。
また手紙書てがみかきます。

たどりいたこの世界せかい本当ほんとうあいはないのかい?
なみだににじんでる視界しかいうつ景色けしき愛想無あいそな
もうふりしにはもどれない ゆっくりまぶたじて
すべてにげるさよなら大都会だいとかい 本当ほんとうおれはどこにもいない

すがすがしいはずのあさ何故なぜみょうつめたくて
窓枠まどわくにはまった見慣みなれた景色けしきながめる
意味いみもなくひびいた目覚めざましをめて
おもいリュックをかつ階段かいだんりる
つくえうえには「頑張がんばりなさい」と一言ひとこと
おれちいさく「ってきます」と一言ひとことつぶやく
決意けついともくつひもをむすとびら
ゆめ希望きぼうのまばゆいなかおれえてったのさ