1. 時が経てば素敵な物語歌詞

「時が経てば素敵な物語」の歌詞 九州男

2011/6/29 リリース
作詞
九州男
作曲
九州男
文字サイズ
よみがな
hidden
それはときてば素敵すてき物語ものがたり
だれもがくちをそろえてぼくにそうかた
それは未知みちなる未来みらいことなのに
それをめるのはひとじゃなく僕自身ぼくじしんなのに
もうれましたとうそ自分じぶん着飾きかざ
ドアをければ精一杯せいいっぱいつくわら
でも結局考けっきょくかんがえてるきみことばかり
これはときたないかなしい物語ものがたり

やりのないあい
のないあい
こころなか隙間すきまくされているんだよ
むすんだをほどいてもあつめてたおものこってるまま
片付かたづけれずここにはらばったまま

今更気いまさらきづくなんておろかぎて本当ほんとうわらっちゃうよ
った時間じかんってどうやっても本当ほんとうもどせないんだね
ぼく二人ふたり幼稚園児ようちえんじ子供こどもみたいに感情豊かんじょうゆたかで
まわりなんてえずかいったせま世界せかい夢中むちゅう
あしもないくらい整理整頓出来せいりせいとんできおもらかして
二人ふたりかたって二人ふたりわらって こころがすれちがえばそのいて…
そのおもいまこんな大粒おおつぶなみだわってく
あの時素直ときすなおに“ごめん”って魔法まほう言葉ことばえてたなら

やりのないあい
きみ事泣ことなかしてる
こころなか記憶きおくくされているんだよ
もつれたいとほどいてもあやまちのおもこと出来できない
最後さいごがおむねけたまま

もしなみだてて にじんでいた視界しかいれて
まえきみがいないのならそんな世界せかいぼやけていたほうがいい
こころかたむくのもたりまえ だってシーソーみたいな2人ふたり
ぼくのマイナスをきみがプラスでバランスってくれてた
ありがたくて ありがたくて でもいまじゃありがとうもえないなんて
ひとみおくでは一人遠ひとりとおくにはなれてることづけていれば
きみおく愛情あいじょうももっと大切たいせつささやいてた
もしひとつだけささやかなねがいがきみとどくなら

せめて最後さいごに このセリフ say before you left from me
“ここまで本気ほんききになれたのはきみたった一人ひとりなんだ”

やりのないあい
のないあい
こころなか隙間すきまくされているんだよ
このおもとどいてよ あつめてたおもをそのままにして
きみがいつかまたかえってるとしんじてまないんだよ

やりのないあい
のないあい
こころなか隙間すきまくされているんだよ
むすんだをほどいてもあつめてたおものこってるまま
片付かたづけられずここにはらばったまま

それはときてば素敵すてき物語ものがたり