1. 背中合わせ歌詞

「背中合わせ」の歌詞 九州男

2015/2/1 リリース
作詞
九州男
作曲
九州男
文字サイズ
よみがな
hidden
くるっとったのはいつのことかなんてらない
徐々じょじょにだったのか一瞬いっしゅんだったのかおまえさきおれさき
きっといま視線しせん呼吸こきゅうするこころつめてるけど
まえしにえてた世界せかいよりけたようでそれはたしかかわからない

くるっとってからたがいのことなんてらない
ただ壮大そうだいなパノラマの中心ちゅうしんからおまええておれえて
きっといま視線しせんあたらしい世界せかいつめてるけど
うしろにめんしたおまえとの無二むにきずなはあのころなにわらない
ってたころかがやきのビジョンをうつ
ゆめ風船ふうせんよう何倍なんばいにもふくらませ はじけてはまたふくらませた
いまはしょぼんだままそっとこころまってる
なあ、そっちのながめはどうなのかいて耳打みみうちしてくれよ

背中合せなかあわせの二人ふたりこといけど
背中せなかわせた二人ふたりはなれることしずかなまま

こうやってづいたよ
かいことよりもこと一番いちばんちかづく方法ほうほうだった
たった数十すうじゅうセンチの間隔かんかく背中せなか同士どうしならめられた
不思議ふしぎえてないよろこびもくやしさも感動かんどうかなしみもるようにつたわってくる
本当ほんとうけたくなくて
まえ背中せなかいかけたんだ
つかれたらりかかってくれ
たまにまるはなれてもいいさ
ごめんな そんなおまえ無理むりしてたことづけなくて
いま重力じゅうりょくまかささおうとも

背中合せなかあわせの二人ふたりこといけど
背中せなかわせた二人ふたりはなれること

こう こう ことなる景色けしき
一歩いっぽ 一歩いっぽたがいのゴールへ
きっと一緒いっしょ辿たどける
まえおれおれはおまえであるから
色々いろいろ えた濃色のうしょく記憶きおく
いまにぎりしめてだれにもけない
見合みあわせた視界しかいむねってんでいける
まえのエールがつたわるからどこまでもける

まえへ…しんじたまえへ…

背中合せなかあわせの二人ふたりあつ体温たいおんかんじてる
いったいなにがあっても二人ふたりはなれること
背中合せなかあわせの二人ふたりこといけど
背中せなかわせた二人ふたりはなれることしずかなまま