「裸足」の歌詞 九州男

2008/2/6 リリース
作詞
九州男
作曲
九州男
文字サイズ
よみがな
hidden
ばかでかいをフとえがいて いざまぼろしとお世界せかい
ひかり前方ぜんぽうらして 今裸足いまはだしして
そんなゆめ時計見とけいみきた
ネクタイした いつもとわらない日々ひび
窮屈きゅうくつ満員電車まんいんでんしゃられ ひとゴミのながれのなか
あなたたちはいったいだれ?なんて、ためいきまじりで挨拶あいさつ
また改札抜かいさつぬけて 活気かっきうばわれ かえ電車でんしゃでうたた
まわりの景色けしきせんになってく

勇敢ゆうかんなあのころおれがいた 枝片手えだかたてにマントまとって
ころんでもまたがって 裸足はだしけてゆく

桜舞さくらま公園こうえんのベンチから子供達こどもたちたわむ
まるで錯覚さっかくのようにへんよみがえるあのゆめ面影おもかげ
むかしおれかがやあたたかくて またどこかでいたくて
ひび仕事しごとのメールとともにすぐその姿すがたえる
パンをかじりそら見上みあげて かくしていた気持きもちこみげて
あのしろくもって かぜあおられ
どこまでもけるっておもってた
あのころおれおれわらってた「馬鹿ばかだなおれ。。」

つかんだユレルさくらはなびら こんなおれ微笑ほほえみかけてくれと
のぞんでもそっとかぜがさらって のひらからえてく

ふるびた作文さくぶん "しょうらいのゆめ かっこいいおとな"
20年後にじゅうねんごこたしたいたダサイ大人おとな
かがみうつふたつのかおがゆっくりかさなりあってく
勇敢ゆうかんなあのころおれyouユー canキャン doドゥ datダット・・・

くついにゆく 記憶きおくけてたどり
にぎったプライドをまもくぐらいの意地いじっていたころ
どろまみれできずだらけのおれいまときかべ
あの時見ときみゆめまえよみがえ

勇敢ゆうかんなあのころおれがいた 枝片手えだかたてにマントまとって
ころんでもまたがって 裸足はだしけてゆく

勇敢ゆうかんなあのころおれいま カバン片手かたて背広せびろまとって
へこんでもまたうえいて 未来みらいけてゆく

勇敢ゆうかんなあのころおれyouユー canキャン doドゥ datダット・・・