「雲の上の君え(prologue)」の歌詞 九州男

2008/8/6 リリース
作詞
九州男
作曲
九州男,AILI
文字サイズ
よみがな
hidden
どうしたんだろう?こんなにひといとしくおもったのははじめてだよ
なぜなんだろう?むねいっぱいでくるしいのにみがこぼれてしまうかも...
しあわせってこういうことかい?
なんでもポジティブにかんがえてしまうような...
まるで能天気のうてんきでバカなおとこのようさ
すべてのよろこびをきみつたえたい ともよろこんでほしいから わらってほしいただ
かるはずみなこと絶対言ぜったいいわない なぜなら今1分1秒いまいっぷんいちびょう大切たいせつだから
いまからやることなす事全ことすべてが記念きねんになるんだから

はなれててもそばきみがいる つぶればわらってるきみがいる
どこかできみもとまでとどくまでずっとこのあいかたろう

タイトな時間じかんだけどこうやってずっとくっついていたいよなぁ...
一緒いっしょにいるのがたりまえ一人ひとりよる違和感いわかんかんじて
たいしてわらぬ日々ひびたいしてきずに夢中むちゅうきみあいして
平凡へいぼん毎日まいにちぼくにとってのShining days
きみきしめたときもうはなせないとおもった
きしめたつよさでいまどこかで自分じぶん本当ほんとうあいつよさをかんじた
もう二度にどとこんなことだれにもわないからいてくれよ
「どんな姿すがたになっても一生大切いっしょうたいせつにするよ...」

はなれててもそばきみがいる つぶればわらってるきみがいる
どこかできみもとまでとどくまでずっとこのあいかたろう

あれからきみたかたかそら
とおとおくのかがや世界せかいばたいていったね...
かぜかれかみをなびかせながら
無邪気むじゃき両手りょうてでバランスとりながらくもうえあるいていそうだなぁ...
今僕いまぼくまえあるいてるよ So let me tell you
やみなかひざかかうずくまってたときもあったけどやっとえるよ
大切たいせつおもをありがとう しわせなひとときをありがとう
きみおしえてくれたんだよ これが本当ほんとうあいだと...

かすかなそよかぜとおぎる 何気なにげなくまりかえ
きみ笑顔えがおぼくかっておおきくってさよならとってる

はなれててもそばきみがいる つぶればわらってるきみがいる
どこかできみもとまでとどくまでずっとこのあいかたろう