1. dear grandma歌詞

「dear grandma」の歌詞 九州男

2007/11/14 リリース
作詞
九州男
作曲
九州男
文字サイズ
よみがな
hidden
なあ、おぼえてるかい?grandmaグランマ あのころぼくといったらどうしたもんか
どうか、ときえてあなたのもとへ

今思いまおもすよ ぼくがまだおさなころいつも見守みまもってくれた天使てんしがいたのさ
やさしく微笑ほほえみかけてあぶなかしいぼくたすけてくれた
あいらしくて、かよわ天使てんしがいたのさ
ふるえるあたまなでてくれたね がった背中せなかでおんぶしてくれたね
鮮明せんめいおぼえてるよあたたかく心地ここちよいぼくてた
ぼくねむりにつくまでまもられてた最高さいこうあい
まるでそっとはねつつまれスヤスヤそのなかうずくまってた

あれからどれぐらいったんだろうか とおくからまだ見守みまもってくれてるのだろうか
せたかったこの姿すがた もしもこのこえこえるのなら どうかもう心配しんぱいしないで

またおもすよ ぼくがまだおさなころいつもそばにいてくれた天使てんしがいたのさ
だけどもうべなくなっていた はねはボロボロになっていた
きっとたすけをっていたのにぼく気付きづけなかったのさ
ぼくふるえるこえはいつもとちょっとちがってた
ゆっくりべる行方失ゆくえうしなそらいてた
心和こころなごませてくれたひらかずに涙溢なみだあふれてた
あのときわかってたんだね わかれがちかづいてたってこと

あれからどれぐらいったんだろうか とおくのいまでも元気げんきでいるのだろうか
いたかったけどえなかった もしもまだうのなら どうかおろかなぼくゆるして

かなしみといたみのジレンマでうごけなくなったあさるまで
後悔こうかいうずまれ、ままならなくなったしゃべことさえ
ぼくてんいのったひとつだけ
「もうわがままいません、いいにしますから、だからかえってきてください。」
幾度いくどかえしたつぎあさるまで

ひかりやさしくぼくつつおぼえてるこのぬくもり ねがいはつうじたんだ
朝日あさひかがみうつりこむれた寝起ねおきのぼくだけがそこにいたんだ

あのころぼく無知むちで、バカで、どうしようもなくてかくせなかった苛立いらだちを
あなたにぶつけてたくせ、都合つごうがいいときだけたすけをもとめてた
ごめんね。そしてありがとう。大人おとなになってやっと気付きづくなんて

Ohオー myマイ dearディア grandmaグランマ とおくからまだ見守みまもってくれてるのだろうか
せたかったこの姿すがた もしもこのこえこえるのなら どうかもう心配しんぱいしないで

どうかもう心配しんぱいしないで grandmaグランマ