1. 浪花物語歌詞

「浪花物語」の歌詞 五木ひろし・中村美律子

1994/4/25 リリース
作詞
もず唱平
作曲
岡千秋
文字サイズ
よみがな
hidden
(男)河内木綿かわちもめん暖簾のれんかど
かたきみたいに にぎりしめ
かたをふるわせ なぜける
(女)もとの他人たにんもどろやなんて
わんといてや わんといてや
かさんといて

(セリフ)
(女)「『どこぞにおとこおったら一緒いっしょになってくれ!!』
阿呆臭あほくさ。」
「そんなおとこはんがいはったら、
とうにそっちへってます。」
うたが 因果いんがのうちとあんた、
くとこまでかな、しゃあないやないの」
(男)「そうか。そららくや。
覚悟かくごしてついてきてくれるか?おおきに…」

(女)義理ぎりそむいて まち
遠慮えんりょしいしい 小雪こゆき
まるで二人ふたりうえみたい
(男)おくちでも 花咲はなさはる
きっとるから きっとるから
とうやないか

(セリフ)
(男)「もうなにもいわん。つれそうて一生詰いっしょうつまらん
五合徳利ごごうとっくりみたいにわれたら、」
「かっこわるいしな。
ま、せいぜいきばらしてもらいまっさ」
(女)「ああ、うれしいこっちゃ。あてにしてあてにならん
ひとやさかいに、」
おおきいゆめみんようにして、
ついてかしてもらいます。なァ、あんた」

(男)ねんねころいち“天満てんまいち”が
(女)水面騒みなもさわがす なさけぶね
(男)よいにまぎれて何処どこまできゃる
(女)あんたたよりや
(男)おまえたよ
(男女)ぬもきるも ぬもきるも
このさきふたり