「ありふれたシャンソン」の歌詞 五木ひろし

1987/11/25 リリース
作詞
阿久悠
作曲
三木たかし
文字サイズ
よみがな
hidden
他人ひとごとじゃ ないみたい
あのひとが わかれたって
あんなにもあいし あんなにもつく
うらやんでいたのに

わらわないおんなになり
つかれたと溜息ためいきつき
もうふたたび おとこには
夢見ゆめみたりはしないって

わからないものね おとこおんな
とてもありふれたシャンソン
ときのいたずらにあそばれて
不幸ふこうになるなんて

あのひとは ご存知ぞんじ
いいおんな だったから
だれからもかれ 目立めだってたけれど
面影おもかげもないのよ

いどれになりそうだと
似合にあわない言葉ことば
指環ゆびわのないせて
かるぎるとってたわ

つみなものね おとこおんな
つくりものめいたシャンソン
じゅんないいひとを いじめたり
道化どうけにするなんて

わからないものね おとこおんな
とてもありふれたシャンソン
ときのいたずらにあそばれて
不幸ふこうになるなんて