1. ふたりの夜明け歌詞

「ふたりの夜明け」の歌詞 五木ひろし

1980/8/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
まえながした
なみだのぶんだけ
しあわせに
ならなけりゃ
いけないよ
もうかないで
過去かことゆう
改札かいさつぬけて
ふたり出直でなお
みち行先ゆくてには
きっとくる
きっとくるきっとくる
ふたりの夜明よあけが

あのよるおまえに
出逢であえてなければ
みだざけ
あびるよな あのくらし
つづけていたよ
しょせん器用きようにゃ
きられないが
ついてきてくれ
このはなさずに
きっとくる
きっとくるきっとくる
ふたりの夜明よあけが

ゆきよりつめたい
世間せけん仕打しうちも
ふたりなら
えられるその笑顔えがお
まもってやれる
かたをよせあい
しみじみすす
そろ湯呑ゆのみ
湯気ゆげのむこうには
きっとくる
きっとくるきっとくる
ふたりの夜明よあけが