「冬の舞」の歌詞 五木ひろし

1987/11/25 リリース
作詞
阿久悠
作曲
三木たかし
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆき
からだこごえたままで
えそうなむねほのおきしめて
ちつくすおんな姿すがた
白鷺しらさぎかなしいふゆまい

あなたにそれがえますか
いちずなむねはげしさが
吹雪ふぶき彼方かなたれるのが

ゆきえば とりになり
かぜけば はなになり
かわこおればわた
あなたこいしとおもうのが……

ゆき
やはりあなたはとお
かじかんだゆび吐息といきであたためて
あおざめたはだおんなのいのち
風花かざばなて はかないふゆまい

あなたにそれがえますか
やがてはあかいろづいて
真白まっしろ景色けしきおどるのが

ゆきえば とりになり
かぜけば はなになり
かわこおればわた
あなたこいしとおもうのが……