「天の蛍」の歌詞 五木ひろし

1991/10/1 リリース
作詞
吉岡治
作曲
市川昭介
文字サイズ
よみがな
hidden
ほたるきだから、
みせ名前なまえを"ほたるの酒場さかば"とけたのと、
あのってました。
宵闇よいやみおとずれると、あめかぜも、
間口まぐち五尺ごしゃく小店しょうてんのきさきにあかりがとも小路こうじ
あのみせもそんな路地ろじのなかばにあり…。
みせしめいをしたのはとしだったか、
ふゆざれのつめたいあめりつづいてましたっけ。
あそこもご多聞たもんれず地上じあげにあって、
くしけるようなゆうようは、
時世じせいもうすもんでしょうか。
ひとじょうかたうような、
マッチばこにぎわいが、いまはなつかしい。
あの名前なまえは、しあわせの幸子さちこ
故郷こきょう北国きたぐにかえっていったとう。

新宿しんじゅく なみだのすてどころ
ひきずるコートに 演歌えんかがからむ
無口むくち同士どうしが とまり
となったも えんだから
てておゆきよてておゆきよ
こころきず

(セリフ)しあわせもうすいのに幸子さちこだなんて…。
故郷こきょうかえってまもなく、
あのてんほたるになったそうです。
運命うんめいとはいのちはこぶことですが、
宿命しゅくめいとは前世ぜんせからさだめられたいのち宿やどり。
あの人生じんせいみじかいのち宿やどりだったのです。
この小路こうじ片隅かたすみに、
ほたるはかをつくってやりましょうか。
供養くようのとむらいはなは、
ることもれることもないネオンのはな
うたはさしずめ演歌えんかでしょう。
都会とかいのにごりみずほたるめないが、
やみにほのかなあかりをもとめて、
ひとさけという水辺みずべ今夜こんやただようようです。
ほたるひとつ…幸子さちこほたるでしょうか。
ネオンのそらに、てんほたるながれていった。

なになにくずれか らないが
からんでくれるな 不運ふうんはおなじ
どうせこのは うたかたと
のんでさわいで よるけりゃ
あめくよな あめくよな
露地ろじしぐれ