「愛しつづけるボレロ」の歌詞 五木ひろし

1982/3/14 リリース
作詞
阿久悠
作曲
筒美京平
文字サイズ
よみがな
hidden
ありふれた結末けつまつで あなたとわか
何日なんにちぎたあと にたくて
ただひとり うみべりのホテルのまど
夕闇ゆうやみつめつつ ものおも
かなしみはひたひたとなぎさあら
ひびれたこのむねいたみをのこ
だれわるいわけじゃない
さよならが むずかしいだけ
そして 一年いちねん 二年にねん 三年さんねん
つらおもいを過去かこにして
れるおんなこころ奥底おくそこ
あいしつづけるボレロだけ

こい出来事できごとは いくつも あって
ひとときの なぐさめにおぼれても
いざめのさみしさをかんじるような
寒々さむざむとした心抱こころだいていた
こいしさはふりいたおもい出ばかり
かえせない指環ゆびわだけ まぶしくひか
だれわるいわけじゃない
さよならが むずかしいだけ

そして 一年いちねん 二年にねん 三年さんねん
つらおもいを過去かこにして
べにわすれたおんなくちびる
あいしつづけるボレロだけ

そして 一年いちねん 二年にねん 三年さんねん
つらおもいを過去かこにして
べにわすれたおんなくちびる
あいしつづけるボレロだけ