1. 愛の始発歌詞

「愛の始発」の歌詞 五木ひろし

1976/2/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
かわながれるはしした
まるで二人ふたりこいのように
かわながれる はしした
このまちにいまさら
未練みれんなんかは ないのです
かなしみをちいさな ボストンバッグに
つめこんで
明日あした始発しはつに とびのるのです
ふたりでとおくのまちくのです
みずながれとおなじよに
どことう あてもないのです
かわながれる はしした

まち日暮ひくれる かね
葉浮はうかべて さみしげに
かわながれる はしした
おたがいにいちばん
大事だいじなひとと りました
このあい一生いっしょう
まもってゆこうと めました
あなたは仕事しごと友達ともだち
わたしは長年住ながねんすんだいえ
みずかんだ わくら
ゆめだけたよりに くのです
かわながれる はしした

いのちをかけても いないこい
出会であった二人ふたりしあわせなのです
言葉少ことばすくなく肩寄かたよせて
黄昏たそがれなかあるきます
かわながれる はしした