1. 江戸の夕映え歌詞

「江戸の夕映え」の歌詞 五木ひろし

2009/2/25 リリース
作詞
吉岡治
作曲
聖川湧
文字サイズ
よみがな
hidden
れいはじまり 真義しんぎまな
それでわらぬ つるぎみち
いつか濁世じょくせの この闇討やみうちつと
くさまくら素浪人すろうにん
今日きょう仮寝かりね馬籠まごめ宿やど

正義せいぎ邪剣じゃけんつとはかぎらぬ。
けんき、けんするもきもかたひとつ。
おれ江戸えどてそれをまなびたいのだ」

れていってと きざむよに
すがるおんないとおしさ
えるやいばこころれぬ
きてかえらぬ 故郷こきょう
うたがきこえる かぜなか

「このままぬるまかって一生いっしょうえるのかとおもうと、
たまらなくおのれ自身じしんはらがたって、はらがたって」

四角四面しかくしめんとんがってきる
ひゃっゆずれば らくなのに
意地いじ筋金すじがね 背筋はいきんをたてて
あつえてる おれのよに
江戸えど夕映ゆうばえ あのあたり