1. 渚の女歌詞

「渚の女」の歌詞 五木ひろし

1989/4/25 リリース
作詞
山口洋子
作曲
松山かずお
文字サイズ
よみがな
hidden
いたくなったら
ひとりでうみ
名前なまえを おびと
ったひと
わかれて はじめて
あなたのやさしさが
しみじみ わたしに
わかります
なぎさによせる
しろいかなしいさざなみ
おんなごころを ぬらして
二度にどとかえらぬ
ゆめ

どんなにとおくに
あなたがこうとも
わたしのこころ
はなれない
あいした 月日つきひ
そのままできている
わたしむねにも
まぶたにも
まっえて
ひとりいてる夕陽ゆうひ
おんなごころの せつなさ
二度にどとかえらぬ
こい

潮風しおかぜはるか
そらにちぎれる汽笛きてき
おんなごころの さよなら
二度にどとかえらぬ
ひとを