1. 無縁坂歌詞

「無縁坂」の歌詞 五木ひろし

1992/3/25 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
はははまだわかころ ぼくをひいて
このさかのぼたび いつもためいきをついた
ためいきつけば それで
うしろだけはちゃだめと
わらってたしろは とてもやわらかだった
うんがいいとか わるいとか
ひと時々ときどきくちにするけど
そうゆうことってたしかにあると
あなたをみててそうおも
しの不忍しのばず無縁むえんざか かみしめるよう
ささやかなぼくはは人生じんせい

いつかしらぼくよりも ははちいさくなった
らぬまに しろはとてもちいさくなった
はははすべてをこよみきざんで
ながしてきたんだろう
かなしさやくるしさは きっとあったはずなのに
うんがいいとか わるいとか
ひと時々ときどきくちにするけど
めぐるこよみ季節きせつなか
ただよながぎてゆく
しの不忍しのばず無縁むえんざか かみしめるような
ささやかなぼくはは人生じんせい