「終着駅」の歌詞 五木ひろし

1992/10/23 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
月明つきあかり
せん
枕木まくらぎ
ふらふらある
には
こおったうみ
ものわず
よこたわるだけ
くたびれた
コートさぐれば
クシャクシャの
写真しゃしん煙草たばこ
終着駅しゅうちゃくえき
まえくせば
人生じんせいなど
からっぽのかばん
終着駅しゅうちゃくえき
たのに
勇気ゆうきもないおれ
わらってよ
贅沢ぜいたく
まえのために
した
れないかぶ
あいなんて
ただの紙切かみき
やぶけたらもう
もどらない
波音なみおと
くるまりながら
海沿うみぞいの宿やど
ねむろう
終着駅しゅうちゃくえき ちが
名乗なの
明日あしたから
きるのも いいね
終着駅しゅうちゃくえき んだと
おもえば
もうなんにもこわ
ものはない

終着駅しゅうちゃくえき ちが
名乗なの
明日あしたから
きるのも いいね
終着駅しゅうちゃくえき んだと
おもえば
もうなんにもこわ
ものはない
終着駅しゅうちゃくえき
まえがいなけりゃ
時刻表じこくひょうもいらない
たびだよ
終着駅しゅうちゃくえき
夜明よあけさえれば
べつおれ始発駅しはつえきになる
べつおれ始発駅しはつえきになる