「茜雲」の歌詞 五木ひろし

2008/10/22 リリース
作詞
水木れいじ
作曲
聖川湧
文字サイズ
よみがな
hidden
佐原さばらばやしの太鼓たいこも あんたがないとさびしいねえ
江戸えどまでじゅう七里ななりとおいよねえ あんた…

浮雲うきぐもぽっかり 西にしそら
しおからトンボが スーイスイ
江戸えどで あいつは なにしてる
おまえの眼鏡めがねておくれ
つるべとしの夕暮ゆうぐれは
こいのゆくえに がもめる…
ひいふうみい いつまでたす
勝手かってなんだね おとこって

よいからひとりで 手酌てじゃくざけ
つがいのトンボが フーラフラ
返文たよりのひとつも けぬほど
江戸えどはそんなに いいまち
佐原さばらばやしを きながら
くどき上手じょうずに のせられた
ひいふうみい あれから五年ごねん
つらいことだね れるって

利根とね河原かわら尾花すすきさえ
江戸えど江戸えどへと 何故なぜなびく…
ひいふうみい いつかえるやら
けてきそうな 茜雲あかねぐも