1. 蝉時雨歌詞

「蝉時雨」の歌詞 五木ひろし

1979/5/25 リリース
作詞
喜多條忠
作曲
宇崎竜童
文字サイズ
よみがな
hidden
よるつめおとがする
不幸ふこうはじけた おとがする
ひとりでいれば ひとりがさびしい
ふたりでいても ひとりがさびしい

ゆめあずけた おとこ
ゆめをこわした おとこ
うらんでみても 宿命さだめかなしい
ゆるしてみても 宿命さだめかなしい

おわったテレビが やみなか
都会とかいつめたい 蝉時雨せみしぐれ
いつかわすれた さよならを
うつすよな 蝉時雨せみしぐれ
ああ…

こころめた むねがある
こころはなれた むねがある
それでもいだける おとこがかなしい
それでもえる おとこがかなしい

始発しはつ電車でんしゃおとがする
都会とかい横切よこぎ蝉時雨せみしぐれ
まぶたじれば故郷ふるさと
てた真夏まなつ蝉時雨せみしぐれ
ああ…