「霧の出船」の歌詞 五木ひろし

1973/3/25 リリース
作詞
山口洋子
作曲
平尾昌晃
文字サイズ
よみがな
hidden
てて いいのと
くちびるかんで
かたおとしたかげひとつ
ランプもくら
とま
かたすみにそっと名前なまえ
かいて
ながしのおにいさん
どうぞめてよ
そのうた
あのひと きだった
演歌節えんかぶし

どうせ っても
かえってない
ふねおとこ
こいごころ
ゆらゆらゆれる
こぼれ
裏窓うらまどをそっと
ければなみおと
なんにもかないで
つらいこいでも
おもにゃ
いいこと ばっかりが
のこるのよ

夜霧よぎりがひくく
はうような
波間なみまから ぼうっと
かすんで ふね
ながしのおにいさん
どこへくのよ
あのふね
あのひと いるところ
きた