1. 風の子守唄歌詞

「風の子守唄」の歌詞 五木ひろし

2014/10/29 リリース
作詞
山口洋子
作曲
遠藤実
文字サイズ
よみがな
hidden
なじみの酒場さかばで はなうたを
うたえばギターが ついてくる
しゃれたロックも いいけれど
よる演歌えんかが じんとくる
ましてえない こんなよる
さびしいね さびしいね
あめ夜更よふけは さびしいね

いのちもあげると れたこい
世間せけんがなにさと えたこい
じゅうひとつの やさしさに
すがりついてた こいごころ
どこでれてる あのひとは
さびしいね さびしいね
むかしばなしは さびしいね

いっぱいむたび ふるさとが
ちかくになるよな さけあじ
まどのすきを はたはたと
がたたいて びにくる
一緒いっしょ故国ここくかえろうと
さびしいね さびしいね
えばうほど さびしいね