1. 問わず煙草歌詞

「問わず煙草」の歌詞 五輪真弓

1982/6/21 リリース
作詞
五輪真弓
作曲
五輪真弓
文字サイズ
よみがな
hidden
煙草たばこをつけてください
見知みしらぬ あなたよ
わずかたりのさむこころ
あたためてほしい
あれはさん年前ねんまえのこと
あいしながらも わかれた
そのひとのおもかげせつなく
むね宿やどしてる

どこにでも あるはなしだねと
あなたはつぶやき
そしてまだひとりでいるの?と
わたしにきいた
さびしさなんててたけど
あとあい邪魔じゃまして
けりゃ つめたいおんな
ばれたわたし

煙草たばこをつけるしぐさが
あのひとてる
だからおもわずなつかしさに
はなしかけたのよ
わすれることはたやすいと
あなたは けむたそうに
もう一本いっぽん 煙草たばこったら
明日あすえてくるよ

わず煙草たばこをつけりゃ
おももただの未練みれん
そうね わたしもばかなことはなしたものね