「太陽を彼方に」の歌詞 五輪真弓

1994/3/9 リリース
作詞
五輪真弓
作曲
五輪真弓
文字サイズ
よみがな
hidden
サンライズ・サンセット とおそら
わたしはひとりている
すなもれたなつ おもえばいとしい
子供こどものように 無邪気むじゃきこころでたわむれて
いつしか 大人おとなであることもわすれた

ああ何故なぜ ひとはふりかえこいわり
ただぎてゆく ときまよ
づかぬまま

サンライズ・サンセット 太陽たいよう
しずみ またのぼるように
明日あしたになれば わたしもあのとりって
見知みしらぬどこかのまちかぜられながら
さすらうなみだてて まれわる

ああ何故なぜ ひとこいをしてたび
そしていつのか まためぐり
あいのために きてゆくの

ああ何故なぜ ひとこいをしてたび
そしていつのか まためぐり
あいのために きてゆくの