「気分なおしに」の歌詞 五輪真弓

1992/8/21 リリース
作詞
小椋佳
作曲
小椋佳
文字サイズ
よみがな
hidden
気分きぶんなおしに ブレンドえた
コーヒーひとくち こころににがい
こいくした ひとはなし
幾度いくどいくつも いたでしょう
季節きせつれば またはな
つよさを わたしっているはず
なのにまだ 頬杖ほおづえ
ながすぎる ものおも

気分きぶんなおしに あかるいいろ
シルクのブラウス かたにそよかぜ
あのおなにおはこんで
あそびに たわむれる
季節きせつえて よみがえるゆめ
見慣みなれた少女しょうじょかえかげ
せめてもう さよならの
笑顔えがおせてしい

あいしたり あいされたりしては
すこしずつ 上手じょうずになると
だれだっけ かえした言葉ことば
むなしくワインにしず

気分きぶんなおしに ねこかお
かがみ一筋ひとすじ 口紅くちべに
窓辺まどべちかくに 身体からだせて
星座せいざかたりいてみる
季節きせつたにおもうめて
あしたのことだけかんがえよう
いつのか あのひと
ありがとうをいたい

あいしたり あいされたりしては
すこしずつ 上手じょうずになると
だれだっけ かえした言葉ことば
むなしくワインにしず