1. 海辺の恋歌詞

「海辺の恋」の歌詞 五輪真弓

1992/8/21 リリース
作詞
五輪真弓
作曲
五輪真弓
文字サイズ
よみがな
hidden
ほどけそうなくつひものままえき階段かいだん
かけおりたけど 電車でんしゃってしまった
のこされたのは潮風しおかぜちゅうがるぼくこころ

どこまでもとおくどこまでもとお
きみせてはし海辺うみべまち

やしの木陰こかげのつづくみち今日きょう一人ひとりかえ
きみのさわやかなコロンが かぜなかかお
おそなつ夕暮ゆうぐれは 何故なぜさびしくさせるのと

どこまでもあかいどこまでもあか
夕日ゆうひみつめいていた きみいとしい

ながれてゆくくもれを
今頃いまごろきみ見上みあげているのか

どこまでもとおくどこまでもとお
きみせてはし海辺うみべまち

どこまでもとおく どこまでもとお
季節きせつはゆく さようなら ぼく恋人こいびと