1. キッチンで泣いた歌詞

「キッチンで泣いた」の歌詞 井上昌己

1991/1/11 リリース
作詞
古賀勝哉
作曲
石田正人
文字サイズ
よみがな
hidden
もうえない予感よかんがした
その笑顔えがおがやさしすぎたから
ふとさびしいあなたが
あたらしいヒトに夢中むちゅうなくせに

もしもこのこい本物ほんものだったら
かざ必要ひつようもないはずと
あめにノー・メイクでいにたわけは
ときめく気持きもちもこわれたから

きなひとにわせる かおじゃないわね
かがみ自分じぶんにあきれながら

きらわれてもいいがした
やぶれかけたジーンズえらんだ
さよならさえけなかった
うそをついたのはわたしだったね

そしてそのよるはキッチンでいた
つめたいフロアー ひざ
だけど真夜中まよなかにおなかがいたと
冷蔵庫れいぞうこあけて いいなもの

そんなふうにあなたをわすれてくかな
わからない わからない こころなんて

もうえない予感よかんがした
その笑顔えがおがやさしすぎたから
ふとさびしいあなたが
あたらしいヒトに夢中むちゅうなくせに

きらわれてもいいがした
やぶれかけたジーンズえらんだ
さよならさえけなかった
うそをついたのはわたしだったね