「MISS SEPTEMBER」の歌詞 井上昌己

1992/3/25 リリース
作詞
古賀勝哉
作曲
芦沢和則
文字サイズ
よみがな
hidden
あのなつに さよならをして
いまわたし MISS SEPTEMBER
おもをふりながら
どこまでもけだしたいの そうよ

太陽たいようひとみむす
やましいKISSをしたせいで
きずついてくちびるいた

こわれやすい気持きもちを
あそんだりしたばつなのね
ひとりきり ねむれないよる

恋人こいびとならんでるフォトグラフをやぶ
ゆびさきのためらいであいゆるされるわ

あのなつに ふりむかないで
いまわたし MISS SEPTEMBER
だれよりも かがやきたくて
なにもかも きしめたいの そうよ

ふれたはだ余韻よいん
やさしすぎてまようだけで
しあわせは そこにはなかった

くあても めないで いえをでる週末しゅうまつ
おもいつく さみしさであいためされるわ

あのなつに さよならをして
いまわたし MISS SEPTEMBER
おもをふりながら
どこまでもけだしたの そうよ

まちかどが いろづくように
こころまで ほら SEPTEMBER
ほんとうに 大事だいじなものを
もう一度いちど たしかめたいの

あのなつに さよならをして
いまわたし MISS SEPTEMBER
おもをふりながら
どこまでもけだしたいの

あのなつに ふりむかないで
いまわたし MISS SEPTEMBER そうよ