1. 氷の世界歌詞

「氷の世界」の歌詞 井上陽水

1973/12/1 リリース
作詞
井上陽水
作曲
井上陽水
文字サイズ
よみがな
hidden
まどそとではリンゴ
こえをからしてリンゴ
きっと だれかがふざけて
リンゴりのまねを
しているだけなんだろう
ぼくのTVはさむさで
画期的かっきてきいろになり
とてもみにくいあの
グッと魅力的みりょくてき
にしてすぐえた
今年ことしさむさは記録的きろくてきなもの
こごえてしまうよ
Oh! 毎日まいにち 吹雪ふぶき 吹雪ふぶき
こおり世界せかい
だれ指切ゆびきりしようよ
ぼく指切ゆびきりしようよ
かるうそでもいいから
今日きょう一日いちにち
はりつめた気持きもちでいたい
小指こゆびぼくにからんで
うごきがとれなくなれば
みんなわらってくれるし
ぼくもそんなに
わるはしないはずだよ
ながれてゆくのは
時間じかんだけなのか
なみだだけなのか
Oh! 毎日まいにち 吹雪ふぶき 吹雪ふぶき
こおり世界せかい

ひときずつけたいな
だれきずつけたいな
だけど出来できない理由りゆう
やっぱり ただ自分じぶん
こわいだけなんだな
そのやさしさをひそかに
むねにいだいてるひと
いつか ノーベルしょうでも
もらうつもりで
ガンバッてるんじゃ
ないのか
ふるえているのは
さむさのせいだろ
こわいんじゃないネ
Oh! 毎日まいにち 吹雪ふぶき 吹雪ふぶき
こおり世界せかい