1. 鍵の数歌詞

「鍵の数」の歌詞 井上陽水

1993/9/15 リリース
作詞
井上陽水
作曲
井上陽水,平井夏美
文字サイズ
よみがな
hidden
かぎたばねてあんなに
とめがねまではずれるほど
くるま部屋へやしも
大事だいじなものがあふれて

かぎあさから一緒いっしょ
はたらいたり 微笑ほほえんだり
よるとばりりるまで
たしかめたり ながめたり

はにかむほど このまちをさまよって
おもまでむね
ひとりでいつまでもきずついていたいの

また出来事できごと日記にっき
きかえたり してみたり
よるねむりにつくまえに
まぶたにまでかぎかけて

あいがすべて 日々夜ひびよごと夢枕ゆめまくら
しあわせまでむね
孤独こどくなこのまちやすらいでいたいの

とびらめて今夜こんや
秘密ひみつにしてかぞえてみて
なやみのかず銀色ぎんいろ
かぎかずおなじはず