「長い坂の絵のフレーム」の歌詞 井上陽水

1999/7/28 リリース
作詞
井上陽水
作曲
井上陽水
文字サイズ
よみがな
hidden
このごろ友達ともだち手紙てがみばかりをいている
ありふれたおも言葉ことばばかりをならべてる
夢見ゆめみがちな 子供こどもたちに わらわれても

時々ときどきはデパートで 孤独こどくひとのふりをして
りた人々ひとびとおもがりをながめてる
昼下ひるさがりは 美術館びじゅつかんかんがえたり

だれよりもしあわせなひと
わけもなくかなしみのひと
ながさかのフレーム

まれつきぼくたちは なや上手じょうず出来できている
暗闇くらやみ映画えいがまで なみだながらにながめてる
たそがれたら 街灯まちあかりに んだり

これからもはたらいて あそびながらもきて
様々さまざまがかりが 途切とぎれもなくついてくる
いたら きらわれたり あいされたり

だれよりもしあわせなひと
わけもなくかなしみのひと
ながさかのフレーム

だれよりもしあわせだから
意味いみもなくかなしみまでが
ながさかのフレーム