「太陽の花びら」の歌詞 井手麻理子

2000/4/26 リリース
作詞
井出麻理子
作曲
置田恭子・星牧人
文字サイズ
よみがな
hidden
太陽たいようはなびらを
さぁ 身体からだにあびて
どこまでも
もとめてゆこう
(Oh oh oh oh…
Oh…)
そらまってえるわけ
さがつづけてた
りたい自分じぶん
とまどっているよ
かわいたこころはいつも
言葉ことば意味いみ
なくしていたから
なみだ子供こどものほほを
ながれてちてゆく
そのしずくむね
ちりばめたなら
とおったあさ
かんじられるだろうか
(Aya iya Oeo…
Aya iya Oeo…
Aya iya Oh…)
あるしたら
目覚めざめる鼓動こどう
くもれたら
かぜいてきた
はなびらがいだしたから
太陽たいようはなびらを
さぁ 身体からだにあびて
どこまでも
もとめてゆこう
大空おおぞらからあふれる
あま奇跡きせき
そう ばし
めよう いつでも
すべてとつながることなんて
出来できはしなくて
まばたきも出来できずに
ただおもさをかんじてた
かわいたくちびるはいつも
言葉ことばまよわせていた
けっしてさわれないものに
すがりつく
その奇跡きせきむね
ひびかせたなら
すべてをおおきく
つつめるだろうか
(Aya iya Oeo…
Aya iya Oeo…
Aya iya Oh…)
あるしたら
目覚めざめる鼓動こどう
くもれたら
かぜいてきた
はなびらがいだしたから
太陽たいようはなびらを
さぁ 身体からだにあびて
どこまでも
もとめてゆこう
大空おおぞらささげよう
さぁ オレンジのかぜ
はなびらを両手りょうてきみと…
いつでも

太陽たいようはなびらを
さぁ 身体からだにあびて
どこまでも
もとめてゆこう
大空おおぞらからあふれる
あま奇跡きせき
そう ばし
めよう いつでも
太陽たいようはなびらを
さぁ 身体からだにあびて
どこまでも
もとめてゆこう
La la la la la…
La la la la la…
La la la la la…
La la la la…
La la la la la…
La la la la la…
La la la la la…
La la la la…