1. わたし歌詞

「わたし」の歌詞 亜波根綾乃

1998/9/9 リリース
作詞
亜波根綾乃
作曲
中西圭三,小西貴雄
文字サイズ
よみがな
hidden
あのときの あのあさつよきようとねがった
毎日まいにち嫌気いやけがさし すべてをこわしたかった
なみだせることは けだとかんじていたから
くるしみさえ たのしみにかえ ごしたとおいあの

ひと過去かこいたみをきながら
こころうそをついて
夢中むちゅうなにかをさがすけれどもなにもなくて…
自由じゆうでいたい

いかりのうしがわれられずにさけんでいる
素直すなおえたらいいのに 正気しょうきりしないでさ
不満ふまんもあるけれど 明日あしたがあることしんじて
ひとつひとつえてちからてるように

まれてきた意味いみよろこびをしんじて
自分じぶんわらせないで
明日あしたからまれてくるあたらしい自分じぶん
こわさない

かなしいときは さあ おうよ
ひとりじゃないんだから
わたしわたしであるということ さあ かんじてごらん
げないで

見上みあげてごらんよ かぜのように まらずに びこえてゆこう

うれしいときは さあ こえをだして
わらいとばしてみよう
まってばかりじゃ なにわらないでしょ
げないで

まれてきた意味いみよろこびをしんじて
自分じぶんわらせないで
明日あしたからまれてくるあたらしい自分じぶん
こわさないで