「大きな風」の歌詞 亜波根綾乃

1996/10/23 リリース
作詞
片岡大志
作曲
関淳二郎
文字サイズ
よみがな
hidden
うれしいは
いとしいにてる
そのとき笑顔えがおでわかる
いとしいは
さびしいにてる
両手りょうてむね
たためば わかる
せつないは
何処どこからるの
真夜中まよなか 受話器じゅわき とき
きみのこしていったの
雨上あめあがり あし
見上みあげるそら
ざわめきや溜息ためいきしずく
ひかってる
おもいきり
おもいきり いたり
つらいこと
わらい とばしたり
わたしがここに いるよ
まれた ばかりのように

まぶしいは なつかしいいろ
かわらない あこがれのいろ
かえみち ながかげ
いかける める
夕暮ゆうぐれのいろ
かなしいや はかないをれば
どれだけつよくなれるの
きみに やさしくなれるの
雨上あめあがり あし
見上みあげるそら
飛行機雲ひこうきぐも
ゆびで なぞるように
えがいたら
おおきなかぜが もうすぐ
わたしむかえにくるから
大丈夫だいじょうぶ
そうかせて
何処どこまでもあるいてける
おもいきり
おもいきり いたり
つらいこと
わらい とばしたり
わたしが ここにいるよ
まれた ばかりのように
うれしいは
いとしいにてる
いとしいは
さびしいにてる
うれしいは
いとしいにてる
いとしいは
さびしいにてる
Tu-lu tu-lu tu…
Tu-lu tu-lu tu…