「Seventeen」の歌詞 亜波根綾乃

1997/7/16 リリース
作詞
柴野繁幸
作曲
関淳二郎
文字サイズ
よみがな
hidden
放課後ほうかご黒板こくばん Lennonのうた 二人ふたり
よごれた指先絡ゆびさきからめ そっとった

青春せいしゅんかえる そんな時代じだいが きっとるね
子供こどもたちにおしえよう どんなおも

はじまりは夕暮ゆうぐれのKiss 若草わかくさ季節きせつ
こぼちていった 銀色ぎんいろいき
むねいっぱいのこいを くすぐりながら

ゆめだけべてもきてけるさと しんってた
どんなかなしみもけないほど つなぎってた
6度8分ろくどはちぶ微熱びねつなか

ねむむそうな笑顔えがお無邪気過むじゃきすぎて きたかった
はじめてむかえたあさは ちょっとせつなくて

始発電車しはつでんしゃまどから くちびるった
17才じゅうななさい合言葉あいことば かえたび
こわれた時計とけい今日ことし逆周ぎゃくまわりする

おぼえたばかりのGuitarをらして ふざけってた
かならずふたりで100ひゃくまできると ちかってた

どんなに時間じかんながれてっても わらないよと
まれたまんまのこころをかさねて あいってた
6度8分ろくどはちぶ微熱びねつなか